1番仔の孵化と2番仔の卵

先日の大潮の時の1番仔が孵化しました。
シュリンプを与え始めましたが、まだ針仔なのでよくみえません。
目を凝らしてよくみると、シュリンプを食べてお腹が真っ赤な針仔が沢山泳いでいます。
何匹残るか楽しみです。



2番仔の産卵藻のアップです。
まだ卵ですが、フライングで何匹か孵化していますね。
どちらかというと2番仔の方が期待しています。


落札ありがとうございます<(_ _)>そして最終出品!!

先週は15匹をオークションにて出品しました。
特に日曜日に落札して頂いた方々におかれましては、高い評価を頂きありがとうございます<(_ _)>。
話は変わりますが、本日今年度最終出品する魚をショップM様の所に持っていきました。
水曜日以降の出品になるとおもいます。
これで今年度出品する魚は最後になります。最後の魚は、年末年始にアップした魚を見て頂ければわかるとおもいます。
最後に出品する魚たちは、お気に入りの魚ばかりなので落札して頂いて可愛がってください<(_ _)>。




写真の魚は、今回の魚たちの血統を伝承した1匹です。


大潮だとなぜ産むのでしょうか?

1月8日にセットして5日目の1月13日の大潮の日に産卵しました。
自然産卵なので受精率はよくないとおもいますが3000~4000個くらい産んだとおもいます。
飼育スペースのない我が家ではそれでも十分な産卵数だとおもいます。
これからシュリンプ生活が始まると今年のスタート開始です。



産卵藻についた卵です。




底に網を敷いておいたら結構産みこぼしていました。