こんな感じに

今年の仔も大分色があがってきてこんな感じになってきました。
先日、慕って下さる方から今年の魚の写真を送って欲しいとのことで、雰囲気のある魚の写真を撮ったのでこちらにもアップしてみました。
来年のこの時期の参考にもなるとおもい写真で残してみました。



大きさ8cmの面かぶりの魚です。
会用ではないですが、今年の象徴の魚です。
尾はもたないかもしれませんが、爆弾フンタンの極太になりそうです。




大きさ7.5cmの一文字の更紗です。
鰓に余分な肉がのらなければ、現段階の会用です。
あと、右手にもう少し赤がのれば凄く目立つ魚です。
秋まで尾がもてば会に自分の名前で初出陣を考えています。


2カ月が経ちました

孵化から2カ月が経ちました。
ほとんどの魚が色変わりをして舟が華やかになってきました。
今年の仔は長手が多いので腹が寂しい気がします。
1池を35匹に分けて、各池に赤虫を3枚ずつ(赤虫1枚35ブロックなので3枚与えると、1匹あたり1日に3ブロック食べさせる)与えて育てています。
フンタンがあがるまでは腹は寂しいですがペレットは与えません。
ハウス飼育、ヒーター24度設定、2日で全換水、水深15cmの飼育スタイルです。





少しずつ顔が四角くなってきました

孵化から40日が過ぎて、赤虫を競って食べるようになってきました。
シュリンプも残りわずかになり、これからは赤虫一本の生活がはじまります。
この時期に赤虫の量が足りないとフンタンがイマイチになるので出来るだけ与えていきます。
いまのところ1匹に対して赤虫を2個食べさせる計算で与えています。
顔も少しずつ四角くなってきてフンタンが出てきたのがわかります。
尾型、体形、フンタン、色など日々の成長が目に見えてわかるので毎日が楽しいです。